Page you are viewing now

Home > thoughts


Blog - thoughts

27 September 2014

美ら島沖縄大使に就任して更に強く思うこと

DSC_5121(変換後)

 

奇しくも、美ら島沖縄大使に就任した翌日、私はずっと夢見ていた場所小笠原諸島に向けて出発した。

初めて上陸した父島では衝撃の連続だった。
2011年、世界自然遺産に認定されるにあたり、以前にも増して徹底的に島の自然が守られるようになったらしく、実際目にする景色全てが自然そのものだった。

本島から小笠原諸島へのアクセスは、東京から出ている25時間半かかる貨客船のみ。
緊急時には飛行艇を要請するらしいが、それ以外は飛行機もヘリコプターも飛んでない。
とてもじゃないが、気軽に行ける場所ではない。
だからこそ、これだけ手付かずの自然が残っていて、守られているのかもしれない。

沖縄は飛行機の発着便数も多く、運賃もリーズナブルで、以前に比べて大変アクセスしやすくなり、観光客数は年々増加の傾向にある。
それは観光産業を主とする島にとっては大変有り難く、素晴らしい事である。
ただ、利便性を追求するあまり、沖縄の本来の魅力である自然の豊かさ、海の美しさに感謝する事を忘れ、ないがしろにしてしまっては本末転倒だ。

 

沖縄ではほぼ毎日海に入り、自然と密に接する生活を送っている私は敏感にいろんな変化を感じる。
声を張り上げて、海を守ろう、自然を守ろう、と叫んだって、届かない事の方がほとんどだ。
私達には見えない大きな力が働いてるのはなんとなく解るが、政治の事とか利権の事とかは良く解らない。
でも正直、そんな事はどうだっていい。
ただ純粋に沖縄の自然を、海を守りたい、残していくべきだと思うだけ。

だって、開発されて綺麗な場所は世界中にも沢山あるけれど、オリジナルがこんなに美しい島は稀だもの。
海の色がこんなに綺麗で、水の透明度がこんなに高くて、多種多様な生命体があって、、
一歩海に入るだけで、水族館よりも素晴らしい海の世界が広がっている、沖縄。

人工的な美しさはどこでもやろうと思えば作れる。
でも本物の自然の美しさは選ばれた場所にしかない。

その本来の美しさをわざわざ壊して、人工的な美しさとか、利便性ばかりを求めるのはなぜ?
もちろん、人間が暮らしていく上で、その場所が発展していく上で、最低限の開発が必要なのも解ってる。
ただ、もう少しだけこの貴重な自然にも目を向けてあげて、慎重に、丁寧に接してあげたい。

だって、壊したもの、失ったものは、二度と戻ってこないんだから。
気付いた時には遅いんだから、失ってからでは遅いんだから、ね。

 

私は自分の子や孫にも、自然に溢れた美ら島沖縄を見せたいと思ってる。
だから、本気で守りたい。

私がこんなこと言うのはおかしいかもしれないけれど、小笠原諸島の自然に嫉妬さえ覚えた。
なんだかとっても悔しかった。

でもね、沖縄、負けてないよ。
私は美ら島沖縄大使として胸張って言える。
沖縄最高!って。

だから、もっともっと守りたい。
ただただ、守りたい。

これ以上壊れないように。。

 

041A9361(変換後)

 

Photo by Toshiyuki Furuyama

29 June 2014

connection

IMG_2126(変換後)

 

決して変な宗教を始めた訳ではないが、
最近、宇宙との繋がりを強く感じる。

遂に頭がおかしくなった訳ではないと思うが、
最近、自然だけでなく、物質とも意思疎通が取れるようになってきた。

初めは半信半疑だったが、こちらが心を開き、何も疑わず、逆らわずに、ちゃんとメッセージを受信してあげるだけで、キャッチボールができるようになった。

 

かれこれ15年になるだろうか、今思えば、昔から事有るごとにそういうメッセージに気付いていたのに、どうしても自我や、面子、欲が自分を支配し、本来進むべき方向に背いてきた事が多々ある。
その結果は言うまでもないし、やはりあの時本能の示すままに行動するべきだったと後悔してきた。

 

より自然と共存するようになってから、更にそのメッセージは強く訴えかけてくるようになり、最近、ようやくそれとちゃんと向き合う事ができるようになってきた。
すると日々不思議な事が起こりはじめ、自分が望むとも望まなくとも、結果良い方向に導かれているのを凄く感じる。

 

今までならパニックに陥っていたような大変な事が起きても、冷静に対処ができるようになってきた。
というよりも、ただ静かにジッと待っていれば、自ずとどうすればいいのか解ってくる。
本当にとてもとても不思議な感覚。

 

執着や嫉妬心からも解放され、以前ほど手放す事が難しくない。
仏陀の教えにもある「求めない」というのは恐らくこういう事なんだろう。
自分に属さない人や物を無理に繋ぎ止める事はできないし、自分に属する人や物は頑張らなくても寄ってくるし離れない。

 

人との出逢い、家、車との出逢い、自分に起こること全てにメッセージがある。
頭を捻ってメッセージの意味を考える必要はないし、ただ全てを受け入れるだけ。

 

私はその見えない力との付き合い方にようやく気付きはじめたばかり。
時には感情の起伏が激しくなる事もまだまだあるが、その宇宙と繋がっている状態の時は、とてもとても穏やかで、心の中に平和を感じる。

 

 

この調子で、素直な可愛い女の子になればいいのに。

 

 

3 May 2014

a real happy birthday

DSC08894-2

今年は一人で強く、ひっそりと、、と思っていたのに、
逆に沢山お祝いしてもらい、沢山の愛情と幸せをもらった。
毎日がサプライズの連続で、毎日が幸せ過ぎて、怖いくらい。

そんな新しい歳の始まり。
感謝いっぱいにスタートした。

 

職業柄なのか、私の性格に問題があるのか、裏口を叩かれるのは日常茶飯事で、
人間不信になり、へこんだり、心を閉ざしてしまう事も多々あるが、
数少なくてもちゃんと本気で付き合ってくれてる人がいる事に救われる。

人に何と言われようと、きっと私はこの先も変わらない生き方をするだろうし、
誰に媚びるつもりも、必要もないと思っている。

自分を信じ、自分を信じてくれる人を信じ、本気で付き合える人だけ残ればいいと思ってる。
決して強がりではなく、歳を重ねるごとに本当にそう思えるようになってきた。

人との出逢いも別れも全てに意味があると信じてる。
だから素の自分の周りにいてくれる人達にはとても感謝してるし、大切にしたい。
最近もとても素敵な出逢いが沢山あって、本当に幸せだなと思う。

 

Life is too short.

好きな人と一緒にいよう。
好きな事をしよう。
幸せになる為に生まれてきたんだもの。
(玉置浩二さんのしあわせのランプの歌詞が大好きです)

 

とても優しい気持ちで新しい歳を迎えられた事に感謝。
こんな私でも側にいてくれる人達に感謝。
みんな愛してる。
ありがとう。

DSC08966

 

25 March 2014

時間に支配されずに、時間を支配する。

最近、書道教室に通い始めました。

正しい姿勢で、丁寧に字を書く事、 意識すること、
それだけで、面白いほど色々変わってきました。

書を正す事って、単純に「綺麗な字を書く」だけでなく、
心、考え、生活も正される気がします。

一つ一つの文字を丁寧に書いてる時って、
メディテーションに似たような感覚があり、
どんどん湧き出てくる邪念や煩悩を払いながら、
最終的には頭の中がクリアになってる。

子供の頃通っていた書道教室ではなかった感覚…
とても気持ちいいです。

 

「忙しくてそんな時間ないよ〜」と言う人もいるけれど、
そりぁ誰だって日々の生活に追われて時間ないのは一緒です。

でも私、時間は作るものだと思ってます。
だから如何なる場合も「時間が無い」ことを理由にはしたくないです。

ヨガとかトレーニングと一緒で、自分の体や心を鍛えたり、
メンテナンスする事って、別に誰に強要される訳でもない。
仕事の合間に海に入るのも一緒。
自分の為の時間。

オンとオフの時間をちゃんとマネージできて、
仕事も私生活も充実した大人になりたいです。

 

というわけで、今日は朝から書道教室に通い、
昔からの大好きな先輩とランチしながら政治と●ンコについて喋り倒し、
これからまた原稿書きに集中します。

 

はい、スィッチオン。

 

19 March 2014

激しいのが好き。

気付けばバレンタインデーもホワイトデーも終わってた。
確定申告も終わり三月ももうすぐ終わる。

今年はなんだかとても寒い。
早く暖かくならないかな。
早く裸になりたいな。

 

先月、2月14日に水中映像『KU RA GE』のリリースパーティーを行いました。
(パーティーの様子や撮影のメイキング等はこちらのFBページからご覧頂けます。)

昨年11月のブログ に書いた、過酷な水中撮影の完成作品なんですが、
せっかくなので大画面でみんなで観ようというパーティーでした。
各界から沢山の方々に足をお運び頂き、観て頂けた事、感謝してます。
そして私達Under Water Crewは既に次回作のプランを練っております。
次の撮影は沖縄の一番良い時期、水中が一番綺麗に撮れる時期狙いで。
また、映像制作からお披露目パーティーまで出来るように頑張ります。

 

そして、パーティーの翌日私は飛び立ち、先週までの約一ヶ月間アメリカに滞在してました。
次なる目標への準備、そして市場調査をしてました。
期待以上の収穫にワクワクが止まりません。
あとは、己と無限の可能性を信じるのみです。

 

ゆっても、全て自己満ですけどね、自分の人生なんて。
限られた時間の中で楽に生きるも良し、激しく生きるも良し。

 

最近、とあるテレビ番組への出演を決めました。
初めてのトーク番組。
私は期間限定の出演になりますが、1クール頑張ります。
情報解禁になったらまたお知らせします。

 

ぽよよん。

 

 

31 December 2013

2013さいごのぶろぐ

中国語に「上山下海」という言葉があるけれど、
2013年はまさにそんな一年だった。

プライベートではほぼ毎日サーフィンに素潜り。
仕事では念願の水中撮影。
更にはずっとやりたかった雑誌の仕事で初めての登山まで。

 

挑戦し続け、そして自分の限界を超え続けた一年でありました。

限界というのは自分自身が思い込んでるだけで、
実は限界なんて無いのではないかと思います。

人間の可能性は無限だ。
自らの限界を超え続け、そう確信しました。

2014年はどこまで行けるか楽しみです。

 

年末の登山は本当に無謀過ぎて、実は結構命懸けでした。
いつ死んでもおかしくない状況でした。
でもその時、もし今ここで死んでも悔いはないと思えました。

これからもそんな生き方をしていきたい。
ビビることなく新しい事に挑戦し続けたい。
一度きりの人生だから。
自分の人生だから。

 

2013年ありがとうございました。
2014年よろしくおねがいします。

 

17 November 2013

リミッター解除

生きてきた年数以上に多くの事を経験してきたつもりでいたから、
もう大抵の事ではビビらないだろうと思っていた。

しかし、私の経験値なんて鼻くそみたいなもんだと判明した。

きっと、一生かかっても知らない事ばかりで、
結局は、未知の世界に生まれ、未知の世界で死んでいくんだろう。

つまり、一生謙虚であれ、ということなんだろう。

 

先日久しぶりに、新しい事、初めての事、に挑戦した。
結果、私はケチョンケチョンに自分の弱さを見せつけられた。

 

水中撮影。
最近、好きが高じて、水中撮影をする機会に恵まれている。
基本は、水着とマスクとフィンだけの素潜りスタイル。
課題はまだまだ沢山あるものの、素潜り撮影に関しては割と気持ちに余裕が持てるようになってきた。

 

今回初挑戦したのは、マスクなし、フィンなし、何も無い状態の水中撮影。
陸上と同じように、メイクして、ドレス着て、撮影。
ただし、水中。
前も見えなければ、シャッター音も聞こえない。
完全未知の世界。

やるまでは、ぶっちゃけ安易に考えてた。
海底に酸素ボンベ用意してもらってるから、苦しくなったら吸えばいいし、
マスクは無いけど、それでも素潜りよりは楽だろうと思ってた。

 

今季最低気温のその日、裸にシフォン一枚だけのドレス。
船上では風が強く、時折雨が降る。
そしていざ入水。

アシスタントのオクトパスを咥え、
顔にマスクをあてて、潜行。
自力で潜れない為、アシスタントに沈めてもらう。
この時点で全てが初体験で、既に心臓ドキドキ度MAX近かった。
アシスタントのオクトパスは真っ赤な口紅でぐちゃぐちゃ。

ようやく辿り着いた海底は水深約8M。
いつもの見慣れた光景だ。

呼吸が整ったところで、マスクを外す。

 

その瞬間、私はパニック症状を起こしてしまいました。

オクトパスで呼吸はできてるものの、
今まで見えてた世界が一気に見えなくなった恐怖感で、
私の心臓ドキドキ度はMAXを超えてしまい、
不覚にも、浮上してしまった。

 

今だから言えるけど、その時は本当に、もう無理かも、って思った。
みんなに申し訳ないけど、本当に無理だと思った。
撮影続行できる自信が全くなかった。

そんな私をずっと隣で支えてくれて、
呼吸と気持ちが落ち着くのをジッと待ってくれて、
恐怖感を和らげてくれたアシスタントに感謝。

 

しばらくして再潜行。
どうにかマスクを外して、
オクトパスも外して、
撮影開始する事ができた。

撮影中も何度か恐怖感に襲われた。

しかし恐怖感というのは、あり地獄のようにどんどん落ちて行くもので、
一刻も早くそこから抜け出さないとまたパニックを起こしてしまう・・
だから私は極力心を鎮めて、怖くない怖くないと自己暗示をかけてた。

 

呼吸ができないことよりも、
目が見えないことの方がこんなにも辛いとは。

周りの状況が見えない。
待ち時間が分からない。
指示が見えない。
コミュニケーションがとれない。
体の震えが止まらないほど寒い。

そんなストレスフルな環境での撮影。

どちらかといえば、肉体的な辛さよりも、精神的な辛さの方が遥かに大きかった。
かなりメンタルを鍛えられた。
修行の様だ。

 

諦める事は簡単である。
全ては自分次第。

そうやって限界をどんどん超えて人間は成長していくんだろう。
そう思うと限界なんてそもそも無いんじゃないかとさえ思えてくる。

どんな時でも、どんな事でも、その時やれる事をやりきり、出せる力を出しきる。
そうすれば、結果がどうであれ、少なくとも後悔することはないんじゃないかな。

 

渾身の処女作、公開するのが待ち遠しい。

もう既に次の作戦会議が始まっている。
ワクワクが止まらない。

 

一生新しい事に挑戦し続ける。
そして日々を命がけで生きる。

 

 

Glad to be alive.

 

16 October 2013

エスパー

決して、高生まれってわけではないし、
人が見えないものを見たりする事もないが、
昔から気の流れや、地場の善し悪し、
合う合わないに関しては結構敏感だったりする。

そういう事を意識するようになってから10年以上経つが、
最近そういう目に見えない力がどんどん強くなっているのを感じる。

今日もまた一つ不思議な出来事があった。
私のその目に見えない力が遂に海を越えた。

良い事も悪い事も、強く思った事がほとんど現実になる。
偶然にしては頻度が高過ぎて、実は少しビビってる。

ただ、テレパシーという言葉があるように、
冷静に考えたら、これは不思議な事でも、怖い事でもない、はず。

人間が本来持ってるはずの力なんだ。
動物が危険察知能力に優れているように。

感性を研ぎすまし、
より地球と、自然と調和した生活を送っていれば、
自ずとそうなるのかもしれない。

ちょっと怖いけど、
もっともっと研ぎすました先の世界が見てみたい気もする。

もはや進化なのか退化なのか分からない。
どっちでもいい。

肉体同様、魂も、鍛えること、意識することで、変わってくる。
おもしろい。

 

 

 

8 October 2013

SEX

 

女、である事がすごく邪魔。

やりたい事、
好きな事、
好きな物、
性格、

どれをとっても、女であるが故に不利な事が沢山あるように感じる。
悔しい事も沢山ある。
伝わらない事も沢山ある。
無駄な気を使う事も沢山ある。

きっと男でも女でも、メリットデメリットはあるんだろうが、
私の場合、女の特権を最大限に利用しきれてないから、
もしくは女である事のメリットをあまり感じた事がないから、
なおさら不利に感じるのだろう。

性別と性格が一致しなくて辛い事が多々ある。

これも神様から与えられた試練なのだろうか。

22 August 2013

身辺整理

15年以上契約してきた、一番繋がると言われている携帯電話会社から、
一番繋がらないと言われている携帯会社に、のりかえます。

生命保険と医療保険と自動車保険も、みなおします。

仕事の環境も変わります。

 

そういう時期なのかな。
なんか色々リセットしたい気分。

古い水を捨てないと新しい水が入らないって言うし。

ここ何年か、より身軽になりたいと思って、ひたすら物を処分してきた。
服、靴、バッグ、化粧品、、。
物が半分以上減って、だいぶスッキリしてきた。
実際に使う物、本当に必要な物なんて、実はそんなに無いんだと気付く。

次は、不要なメールアドレスとか、写真とか、データとか、気づけば溜ってるもの、
そして一番は、精神的に依存してるものや執着してるものの整理。

今まであまり気にも留めてなかった携帯の契約プランや、保険の契約内容等、
そういうのを見直し、無駄を省く、ちゃんと理解すること、大事だなって思った。

使用年数とか名前とかブランドとかに対しての拘りとか執着を捨てた瞬間、楽になった。

 

色々見直そうと決めて、行動を起こしはじめてから、なんか気分がいい。
自分の身の回りを身軽に、シンプルにすると、なんか気分がいい。

無限に広がる未来がキラキラしてて、なんか毎日が楽しい。
明日の事なんて分からなくて当たり前だもん。

自分を取り巻く環境も経済状況も生活も、何も変わらないけど、
物事に対する自分の捉え方と考え方が変わるだけで、
気分がこんなにも変わるのかと、自分でも驚いてます。

 

「捨てる」勇気を手に入れよ。

 

 

Page 1 of 212

Page top