Page you are viewing now

Home > Blog


Blog

4 March 2013

a seawall we used to hang out

 

私が沖縄で一番好きな場所、砂辺。
落書きだらけの防波堤が好きだったのに、もう面影はどこにもない。
護岸工事も終盤。
時間が経てば昔どんなんだったかも忘れられていくんだろうな。

寂しいね。

ありとあらゆる場所で行われている
ありとあらゆる工事で本当に必要なのってどれくらいあるんだろう。

海の埋め立てだって、アメとムチなんかじゃない。
アメだけを貪る、欲に支配された人間と
ムチだけを喰らう、何の罪もないのにどんどん破壊されて行く地球。

悲しいね。

 

今までさんざん自分の為に生きてきた。
これからは誰かの為に、何かの為に
命を燃やしてみてもいいんじゃない。

今年から三年間厄年。
先日厄払いに行ったら素敵な言葉を頂いた。
「厄年というのは、悪い事が起こる、というわけではありません。人生の節目です。」

ちょうどネクストステージに行く用意をしている私の背中を押してくれた。
三年間の厄年が一気に楽しみになった。

 

壊れたものを元に戻すことはできないけれど、
これ以上壊れないようにすることはできるかもしれない。

 

 

19 February 2013

Indigo love

久しぶりに心揺さぶられる映画を観ました。
涙が出るのを通り越して、ずーっとドキドキが止まらなかった。
キャスティングも凄く良かった。
間違いなくもう一度観たい映画です。

『Les Misérables』

 

映画と言えば、私が監督に初挑戦した短編映画『愛と藍』がやっと完成しました。
初めて書いた脚本で応募した沖縄映像コンペティション。
面接に面接を重ね、選定して頂いた昨年の7月からミッションが始まりました。
ロケハンから始まり、編集、完パケまで全て監督の仕事。
色んな制限がある中で、初監督と主演を両方勤め上げる事はなかなか大変でした。
水中撮影で体張りすぎて鼓膜が破れたりとか、まぁ色んな事がありました。
でも作り上げた達成感は想像を絶するもので、早くも次の構想を練ってます。
そして、表舞台よりも裏方の方が楽しいとすら思ってしまってる自分がいます。
やっぱりドSでありドMなのでしょう。

しかし本当に沢山の方々に支えられ、応援して頂いて出来た作品だと思ってます。
感謝しても感謝しきれないです。
ですので私の次なるミッションはこれをきっかけに次に繋げていく事だと思ってます。
最終的に沖縄に還元する事が目標です。
あまり大きな事は言えませんが、とにかく頑張ります。

先月、関係者試写会が開催されました。
初めての大きなスクリーンでの上映、そして沢山の方々に観てもらいましたが、
上映が終わるまでに心臓が飛び出てくるんではないかと思うほど緊張しました。

そんな命がけの上映会も無事終わり、今年はとにかく映画祭を攻める予定です。
一般公開はまだまだ未定ですが、それが実現する為にも頑張ります。

試写会後に色んなメディアやブログ等で取り上げて頂いたり、取材して頂いたものを、
一部ご紹介しましょうねー。よろしくどうぞ。

 

いつもお世話になってます、沖縄LOVEweb代表の幸田悟さん。
もう泣けちゃうくらい昔から応援してもらってます。
http://okinawaloveweb.jp/okinawa-lovelog/coda-diary/37532.html

 

メインロケ地でお世話になりましたゲストハウス『結縁』にてオーナーの新里さんとキャストの皆さん♡
(左から時計回りで、新里さん、私、平安信行さん、尚玄さん、北島角子さん)
撮影時から度々ブログで紹介して頂いてます。
http://yuien.ti-da.net/e4198645.html

 

2月5日の琉球新報でインタビュー記事を一面に掲載して頂きました。
ありがとうございました。

 

CIPHER CITYさんのwebsiteでインタビュー動画がアップされました。
凄くいい感じに編集されててかっこいいです。
http://www.ciphercity098.com/098tvjudy/

 

Thanks, everyone!

そして私のエネルギー源である海にも感謝。
Thanks, Mother earth! Respect!


(Photo by DOVE Wetsuits NISHI kun)

 

Love..♡

 

 

 

 

 

11 February 2013

belated..

 

Happy New Year!

新年快楽

あけましておめでとうございます。

 


(Photo by GRACE SURF TAROsan)

 

GO GO GO!
Happy 2013

 

18 December 2012

Inner Peace

三週間で二度目のアナフィラキシーショック。
EPIPEN持ってるのにまさかの不携帯で、
また病院に運ばれる始末。
原因不明だから怖いな。

各国の色んな先生に忠告されてたけど
今年は本当に健康運が悪いみたい。

 

but.. Things happen for a reason.

 

良い事も悪い事もそう。
言葉では解っていたけれど、
今やっと本当に心でそう感じる事ができる。

私もまだまだ修行中の身だから
まだまだ感情の起伏が激しいのは否めないけど、
少しずつ、少しずつ。

執着する心を捨て、
今自分に起きてる事、心で感じてる事、
それらに理由を付ける事もなく、
言い訳する事もなく、
否定する事もなく、
期待する事もなく、
後悔する事もなく、
とにかく全てを受け入れる。

そして、頭と心を無の状態にしてあげる。

とっても難しい作業だけど、
それが出来た時に宇宙と繋がる感覚は素晴らしい。
人間も宇宙の一部なんだという事が実感できる。

ヨガでも、メディテーションでも、念経でも、
方法はなんだっていいんだと思う。

とにかく心の平和を取り戻す方法を覚え、
いかなる時でも心穏やかでいられれば
たいていの困難は乗り越えられる気がする。

 

アナフィラキシーショックが発症すると本当にキツくて、
全身の痒み、浮腫、嘔吐、下痢、呼吸困難、難聴、血圧低下、意識障害、、、
信じられないくらい一瞬にして一気に色んな症状が出るんだね。

でも、それを乗り越えて復活したとき、
体が痒くない事が、
自分の足で立っていられる事が、
普通に呼吸できる事が、
本当に幸せに感じる。

きっと、健康であること、生きてることに感謝する事を忘れた私に、
神様からの戒めだったんだろうと思う。

 

良い事も悪い事も、自分に起こる全ての物事に感謝。

 

stop regretting about the past.
stop worrying about the future.

Live now.

 

Smile :)

 

 

 

 

 

4 October 2012

New Goal

 

やりたい事とやるべき事のバランスを取りつつ
ユートピアを求めて生きる日々

しかし何だろう
歳と共に雑用が増えてる気がする
どうでもいい事だけどやらなきゃいけない事
領収書の整理とか細かなスケジュール調整とかね
銀行や航空会社とのやりとりとか
なんか色々あって
雑用って意外と時間を喰うものだ

大人になった自覚はないが
雑用に追われていると大人ごっこをしてるみたい

 

最近よく思うこと

不安の無いストレスフリーな生活を送れないものかと。

人間の生きる意味を追求し続けているが
答えは未だに見つからないが

なんか凄くシンプルな答えな気がしてならない。

大好きな人と一緒にいて
好きな事ができて
食べるものに困らなくて
毎日笑っていられれば

それ以上の幸せはないんだろう
たぶん

そこに行き着くまでが大変なんだろうけど
でも、なんか行ける気がする

要るものと要らないものをちゃんと見極められるようになれば
シンプルでストレスフリーな生活に辿り着ける気がする

ユートピア

悟りの境地でもあるのだろう

私の新たな目標であり
人生最大の目標である

一日も早くユートピアに辿り着きたいから
今日もまた頑張って生きる

 

Keep working
Keep surfing
Keep traveling
and Think positive

 

26 August 2012

gender bender

 

いつも30kg前後あるスーツケースは世界中どこでも自分で持つし
車のバッテリー上がったら自分でジャンプするし
墓掃除は母と女二人だったし
昨夜の台風対策は一人でやったし

考えてみたら男手の恩恵に預かった事ってそんなにない。
まぁ私がそんな環境に恵まれてないだけで、いればもちろん助かるけど。

ただ多少力の差はあっても、やるかやらないかだけで、
女一人だからって出来ない事はそんなにない。
子作りができないくらいでしょ。

結局パートナーは男でも女でもいいわけで、
お互いに足りない部分を補い合えて
楽しくて幸せならそれでいいじゃないか。

とまぁ、こんな事ばかり言うもんだから
うちの母には可愛くない女だとよく言われます。

女はね、出来る事もたまには出来ないフリをしたり
分からない事も多少分からないフリをするくらいがいいのよ、
女は完璧過ぎるよりも少し抜けてるくらいが幸せになれるのよ。
あんたは何でも自分でやるから可愛げがないのよ。だって。

お料理とかお裁縫とかできる女性らしい女性にも憧れますがね、
私やっぱりボードの手入れしたり世界地図眺めたり車いじってる方が楽しいわ。

困ったときも男に何かしてもらうの待ってるより自分でやっちゃった方が早いしね。
とやっぱり思ってしまう、可愛くない女なのであります。

残念。
チーン。

 

26 July 2012

モーニング懺悔

生きてると何かと色んな岐路に直面するわけで、
それらは大小関わらず時間関係なくやってくるわけで、
その度に我々は自分の意思で選択していく。

自分で選択しなければ自分に責任は無いので
結果が意に沿わなくても全て人のせいにしてしまえば
残念だったね、で終わるんだろうが
そんなの自分の人生とは言えない。

良いか悪いかは別として
私は物心ついたころから全て自分で選択して生きてきた。
それ故の苦悩も多々あったし、今もこれからもきっと一生付きまとうんだろうけど
自分の失敗くらい自分で受け止められるくらいの人間になりたいから。

 

自分で選択して生きていく上で私が大事にするのは直感と動物的本能。

これは人間誰もが生まれ持っているものだと私は信じている。
ただ、この俗な世界の中にいるとそれらは間違いなく鈍る。

人が本質を見せられない世の中になっちゃったから、
嘘に嘘を重ねた、ただ綺麗に見えるだけの虚像の社会だから、
直感と動物的本能は通用しない。

 

情報ツールに溢れているこの俗世は、人々に考えたり感じたりさせる余地を与えないよね。
テレビで政治家がそう言ってるから、新聞にそう書いてあるから、
それだけで、人々はそんな気になる。
直感や本能はほぼ置き去り。

人を信じるのは大いに素晴らしい事だと思うが、
自分の意思を持たずに信じ過ぎる頼り過ぎるのは恐ろしい事じゃないかと思う。

例えば、突然の大災害に人々はただパニクる事しかできないが、
テレビもラジオも新聞もない環境で暮らしている動物達はどうだろうか。

 

だから常日頃から人間が本来持っているであろう直感と動物的本能を
研ぎ澄ませておく必要があると、私は心底思う。

なぜならこんな事を豪語している私ですら俗世にまやかされ
本質を見失い間違った選択をしてしまうからだ。

 

全力で真っ直ぐ生きてる人間に必要とされた時に、
余計な事を考え、余計な計算をし、本質で向き合えなかった事の代償は
想像以上に大きかった。

何が正しいか分からなくなった時、何を選べばいいか分からなくなった時は、
素直に自分の心に従えばいいだけって分かってたのにな。

 

 

 

24 July 2012

リアリティーショー

オスプレイだの不倫コスプレだの何かと騒がしい世の中ですが
私も負けじと引きこもりSMプレイしてました。

よくSか?Mか?っていう話になりますが
私は両方を兼ね備えてます。

自分で自分をドンドコ追い込む。
追い込む自分と追い込まれる自分。
ゾクゾクする。

自分いじめの加減を知らない為
大抵何かをやり遂げた後はぶっ倒れますが。
今回も見事にぶっ倒れましたが。

ぶっ倒れるまで何をしてたかと言いますと、
フリーペーパーを作ってました!

明日台北で行われるモンパチさんのライブで
トークショーにゲスト出演する事になったんですが
沖縄の魅力をただ言葉だけで伝えるのはもったいないなーと
一人で悶々と考えてて、何か残せるものを作れないかなと思って
飛び込みでプレゼンしに行ってきました私。
企画書も何もなく、アイディアと想いだけを持って。
30歳の大人としてはちょっぴり恥ずかしい話ですがね。

まぁ、いいんですよ。

それでなんともラッキーな事に企画が通りまして
台湾向けの沖縄観光誘致フリーペーパーを作れる事になりまして
少ない予算と限られた時間の中で、色んな人の協力を得ながら、
なんとか無事に完成させちゃったのねーん。

考案、撮影、執筆、編集
全部やって実質三日!
ほぼ徹夜。
やれば出来るもんですね。

ぶっちゃけ私にとっては何の得もない話ですが、
なんというか沖縄への想いだけですね。
それが原動力になりました。
その想いに賛同し協力してくれた仲間達に感謝ですよ。

私みたいな立場の人間がこんな事やるったって、
大抵誰かが代わりにやってたり、書いてたり、名前貸してるだけだったり、
そんなのが多いし、そういう風に思われがちだけど、
私の性格上、自分の名前を掲げてやる以上は本当に自分でやらにゃ気がすまんのですよ。
厄介な性格でね。

余談ですが、以前飲食店を開業した時も保健所の授業を受けるとこから銀行の融資まで
何から何までぜーーーんぶ一人で駆けずり回ってやったんですが、
(それこそ5回くらい死んだと思う)
まぁ世間は冷たいもので、どうせパトロンがいるんでしょ?とか
彼氏の○○がやってる店でしょ?とか、心ない事ばかり言われ続け
クソーと思いながらも一人黙々と借金を未だに返してるわけですよ。
損な性格でね。

kiss assができないから
不器用な生き方しかできなくてね。

でもきっと今まで同様これからもこんな生き方しかできないから
あたしゃとことん頑張るしかないのねーん。

ちなみにこのフリーペーパー全編中国語ですが、
1000部だけじゃもったいないから、もっと沢山の人に沖縄の魅力を伝えたいから、
明日からオンラインで閲覧できるようになるのねーん。
ハイテク〜♪♪

こんな事まで自分でやってんのー?(笑)的な
怒濤の三日間をbehind the sceneで見せちゃうメーン。

全く絵心がないの、私。

自分がどんな状態であろうと朝は良い。

朝食を食べに行ったのに朝食を食べた記憶がほとんどありません。

仮製本までやったしね。久々に定規とカッター使ったしね。うふふ。

最終日の顔はあまりにもexhaustedなので、お見せできまへん。

というわけで渾身の作はトップページのバナーからチェックしてねん。

 

 

6 July 2012

トキメく生活

なんだかねー
年々ねー
物欲が無くなってきてるのねー

昔はそれこそ服も靴もバッグも大好きでね。
流行のブランドもファッションもメイクもいち早く取り入れてたんだけどね。

もう何年もショッピングなんてしたことないなー
まともに服を買う事もなくなったなー
まぁ、もともと別にショッピングが好きな女でもなかったけど
だんだん無頓着になってきてるよねー

それに移動が多いから荷物を少しでも減らす為に
色味はほとんど白、黒、グレー、デニム。

服は基本、ラインが綺麗で、素材が気持ち良くて、その日の気分とTPOに合ってればOK!
足下はぞうり、顔は素っぴん、可能な限りノーブラノーパン。
なんなら年中水着だけで暮らしたい。

今や流行のブランドもファッションもメイクも、申し訳ないくらい何も分からない。

ファッション雑誌も読まなくなったしな。
旅とか車とかサーフィンの雑誌ばっか。
そんなんでフンガフンガ興奮してる。

そうだなー
物欲が無くなったというよりも
お金をかけるとこが変わってきたんだなー

ブランド物の靴やバッグ、高価な服やアクセサリーよりも、
車のパーツ、キャンプ道具、アウトドア用品ばかり買っちゃう。
あとはほとんどエアチケット代だね。
夢とロマンがあって最高だよ。

最近もねー欲しい車とサーフボードがあってねー
毎日指をくわえながら見に行ってるよ。

(●´艸`)

 

8 June 2012

it’s no good but it’s so good

カップラーメン食べたの何年ぶりだろう。

 

普段はインスタント食品とか
コンビニ弁当とか
あまり食べないんだけど

先日原稿に追われ全く余裕がなくて引き蘢り
二日間三食コンビニにお世話になりました。

インスタントラーメンとか
コンビニエンスストアとか

その名の通り
ほんと便利。

絶対的に体には良くないけど
便利な世の中になったなぁと実感。

それにしても今は色んなカップラーメンがあるのね。
見た事ないのばかり陳列してて
何を買っていいか分からなくて
結局昔から知ってる沖縄そばにしたんですが
変わらない美味しさでした。

ちなみに私はカップラーメンを食べる時
具を入れる前に一度お湯だけ注いで
麺をほぐして濁ったお湯を捨てます。
それから通常通り具を入れてお湯を注ぎます。

麺の表面に付いてる保存料や化学物質を
少しでも洗い流してから口に入れた方がいいような気がして。
気休めかもしれませんがね。

 

それにしても久しぶりに食べると美味しいなぁ、カップラーメン。

 

 

 

Page 5 of 6« First...23456

Page top


普通とは何ぞや。私の思想、好きな物、趣味、行動と、性別、年齢、職業がリンクしないらしく、昔からよく普通じゃないと言われる。綺麗にドレスアップして軽トラでパーティーへ出掛けることも、パジャマのままオープンカーに飛び乗りスーパーへ買い物行くことも、運転が難しい旧車に乗ることもバイクに乗ることも、午前中はカメラの前で仕事して午後は漁港で海人のおじさん達に混じって酒を飲むことも、ぐちゃぐちゃに汚くなって海で遊ぶことも、血まみれ傷だらけになりながらサーフィンすることも、Tシャツ短パンぞうりに大きなバックパック一つでビジネスクラスに乗ることも、今日は五つ星ホテル明日は一泊500円の安宿でに泊まることも、一人で旅をすることも、全てやりたいこと、好きなことをやってるだけ。

一般的に言われるいわゆる普通である必要も、人々が勝手に作り出した枠にはまる必要もない。こんな生き方してればそりゃ妬みやっかみは免れないけど、これは別に私が特別な才能を持ってるわけでも、人よりお金を持ってるわけでもない。ただ欲張りで、好奇心旺盛で、生きてる間に自分がやりたい事に貪欲なだけである。人生一度きりだから。

x